株式会社昭和真空
会社情報株主・投資家の皆様へ製品情報保守サービス採用情報ニュースリリースお問い合わせENGLISHCHINESE
ニュースリリース
ニュースリリース
2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 展示会・イベント情報





トップ > 新しいがん治療の研究開発に貢献しています。

ニュースリリース


昭和真空は、新しいがん治療の研究開発に貢献しています。


国立がん研究センターが導入準備を進めている、
世界初となるリチウムターゲットの病院設置型BNCTシステムは、
AccSys Technology社の直線加速器に、海ICSが開発したリチウムターゲットを組み合わせたシステムです。

 ⇒CICSホームページへ

BNCTは、薬剤(ホウ素製剤)を腫瘍細胞に集積させ放射線の中性子を照射することで、腫瘍細胞に選択的に作用する画期的な放射線治療方法で、副作用が少なく、さらに一度の治療で済むなど、世界的にも注目されています。

今回、リチウムターゲットの採用によって、治療の安全性向上に加え、システムの小型化も可能となり、病院設置型BNCTシステムの実用化と普及の可能性が広がりました。

一方でリチウムは、融点が低いため開発が難しいことや、リチウムの消耗によるターゲット交換時の作業者被爆といった課題がありましたが、リチウムターゲットを自動再生するシステムの開発により、課題は克服されました。

この「リチウム自動再生システム」に昭和真空の搬送技術や蒸着技術が貢献しています。


国立がん研究センター資料「病院設置型直線加速器 BNCTシステム」を基に当社加工。



ページトップへ



Copyright(c) SHOWA SHINKU CO.,LTD.All rights reserved.プライバシーポリシー情報セキュリティーポリシー | サイトマップ |