株式会社昭和真空
会社情報株主・投資家の皆様へ製品情報保守サービス採用情報ニュースリリースお問い合わせENGLISHCHINESE
株主・投資家の皆様へ


PDF形式のファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。

トップ > 株主・投資家の皆様へトップ > トップメッセージ
 私たちは創業から変わることなく、真空の可能性を追求してきました。

1953年、個人で創業した小俣真空機器研究所において、真空ポンプの修理をはじめたことから昭和真空の歴史はスタートします。その後、1955年に真空ポンプの製造を開始。そこで、1958年に昭和眞空機械株式会社を設立。時計が機械式からクオーツ式に移行したことも水晶振動子の需要拡大に拍車をかけ、ここで今日の基盤をつくることができました。

その後、1975年に米国で「CBトランシーバーブーム」が発生し、そこで使われる水晶振動子は日本だけでしか生産しておらず、その製造に不可欠の真空装置の需要が急激に伸びました。薄膜電子部品の量産機械国産化に対応して真空蒸着装置やスパッタリング装置などの開発に力を注ぎ、今日では、水晶デバイス関連装置を中心に、真空技術を駆使した電子部品・薄膜形成装置メーカーとしての地位を確かなものにしています。とくに水晶デバイス装置では、世界で独占的な地位を占めており、この分野でのリーディングカンパニーとして他の追随を許しません。


昭和真空が扱う装置は、そのほとんどが注文生産で、しかも、それぞれ特徴ある働きをする部品の製造を行うものばかり。これは、大手企業には参入が難しい分野であり、昭和真空はこうしたニッチ市場をねらっていくことを、経営の第一の方針としています。さらに、お客さまのニーズにきめ細かく応えていくために、「お客さまにとって付加価値の高い商品とは何か」をつねに考え、それを商品開発や製造に反映させて数多くのお客さまからの信頼を獲得しています。


真空技術応用装置の市場規模は、将来大きく拡大すると予測されています。昭和真空は、こうした成長著しい市場を背景に、さらに一段の飛躍を期しています。


代表取締役社長  小俣 邦正

代表取締役社長小俣邦正写真
代表取締役社長
小俣 邦正



ページトップへ


Copyright(c) SHOWA SHINKU CO.,LTD.All rights reserved.プライバシーポリシー情報セキュリティポリシー | サイトマップ |